上手に使ってED改善、バリフ

ED治療薬の存在は、現在多くの人が知っています。
日本で処方されている物は3種類、一つはバイアグラで最も歴史がある薬です。
もう一つはシアリスで、これは効果の持続時間がかなり長時間だという点が注目されています。

あとはレビトラで、これは服用してから効果が出てくるまでの時間がかなり早いという事が良く選ばれる理由となっているのです。
ただ、実際に病院で先発医薬品を処方してもらうと、結構医療費が増えてしまう事が少なくありません。

また、ED治療薬は現時点では保険適用ではありません。
その為、1錠あたり1500円以上かかってしまう事も有るのです。
また、治療薬とは言っていますが、ED自体を完璧に治す薬ではなく、あくまでも勃起の補助をしてくれる薬なので、性行為の度に服用しなければいけません。
従って、何度も服用すればするほど、利用者の経済的負担は増してしまいます。

そこで注目されるのが後発医薬品、いわゆるジェネリックです。
これであれば、先発医薬品に比べるとかなり薬価を抑える事が出来るので、負担も軽減されます。
シアリスの場合、そのジェネリックは何種類もありますが、有名な物の一つがバリフです。
バリフの特徴としては、服用後かなり早い時点から効果が感じられるという事になります。
これは水に溶けやすい性質に由来していて、大体服用してから40分程度で効果を感じられるのです。
また、それほど沢山食べない、さっぱりとした物を食べるのであれば、そんなに食事の影響を受けるわけでもありません。
ただ、この「それほど食べない」とか「さっぱりとした」というのは結構人それぞれ基準が違う事も有ります。
従って、より効果を感じたいと思うのであれば、出来れば空腹時に服用するのがお勧めです。
そうする事で、より体内に吸収されやすくなるので、効果も感じやすくなります。
もし、食後に服用したらなかなか効果が出てこなかった、感じられなかったという人がいたら、試しに空腹時に飲んでみる様にしましょう。
さて、即効性があるバリフですが、勿論良く効く薬だからこそ副作用があります。
ED治療の場合に必要な効果としては、血流を増大する事なのですが、これは陰茎に対してだけ起きる効果ではなく、その他の部分に対しても起きてしまう物です。
その為、服用するともしかしたらのぼせた感じになってしまったり、頭痛が起きてしまう事があるかもしれません。

しかしこの状態に関しては、薬の効果が切れる頃にはなくなっているので、それほど心配する必要がないものです。
また、目の前が青く見えるような感じがするとか、青と別の色の区別がつきにくくなったという報告も見受けられます。
目に対する副作用は、座っていたりするだけであればそれほど心配する必要もありませんが、車の運転をする時はかなり危険です。

効果持続時間は5時間から8時間程度なのですが、出来るだけその間は車の運転を控える様にしましょうバリフ自体は海外では安全性も認められている薬です。
ただ、服用する時は何も気にしなくて良い薬ではないので、用量・用法を守って正しく服用する様にしましょう。

Comments are closed.