レビトラのジェネリックであるバリフの特徴

現在日本で販売されているED治療薬は3種類あり、どれも服用後、性的な刺激や興奮を受けることで勃起を促進してくれます。
悩みを解消してくれるという意味では同じですが、それぞれ持続時間や効果の現れ方には違いがありますので、特徴をよく理解し、できるだけ希望に合う薬を見つけていきましょう。
レビトラは2番目に製造開発されたED治療薬で、主成分はバルディナフルとなっています。
バルディナフルは水に溶けやすいという特徴を持っており、最高血中濃度に達する時間もバイアグラ、シアリスに比べてずば抜けて早いものとなっており、即効性を求めている方に人気の薬です。
そして、バイアグラは食事に影響を受けやすいという特徴を持っていますが、レビトラはバアイグラほど食事の影響を受けないとされています。
レビトラは血流を改善するとともに、勃起を阻害するPDE5を阻害することで勃起をサポートしてくれる薬ですが、催淫効果や性欲を増強させる効果があるというものではありません。
レビトラの処方はED治療を行う医療機関で処方が可能ですので、相談してみると良いでしょう。
そして、レビトラは安い薬ではありませんので、思うように薬が続けられないというお悩みを持つ人もいらっしゃるのではないでしょうか。
最近は同じ有効成分、効果がありながらより安く購入できるジェネリックの人気が高まっています。
それゆえにレビトラもジェネリックを購入すると正規品の数分の1程度の費用で済むわけですが、今はまだ日本ではそういった薬は認可されていません。
でも、そうした薬も個人輸入という形なら入手が可能で、すでに海外では広く利用されています。
レビトラのジェネリックとしてはバリフが有名で、こちらもレビトラと同じくバルディナフルが主成分で、服用後15分~30分程度で効いてくるとのことです。
服用できるのは成人の男性で、18歳以下の方や女性には利用できない薬となっています。
そして、飲用後は最大5時間効果が持続し、飲酒の影響も受けにくいとされています。
バリフは一錠が20mgとなっていますが、10mgからでも効果がありますので、まずはピルカッターなどでカットして、10mgからはじめ、最大で20mgまで増やすことができるとのことです。
初めて飲む方はまずは少量から初めて様子を見てみるのも良いでしょう。
ED治療薬は心疾患のある方には禁忌とされていますが、バリフもまた同じですので、そうした疾患のある方は勝手な判断で使用しないよう気をつけましょう。
そして心疾患がある方以外でも高齢者の方や肝臓障害のある方などは注意が必要です。
血流を改善する薬ゆえ、顔のほてり顔面紅潮などの副作用は起こりやすいとされていますが、そのほかにも頭痛や鼻づまり、鼻水、胃痛などが起こる場合もあります。
それから一過性の視覚異常が現れる場合もあるとのことですので、車を運転される方は注意したいところです。
1日の最大量は一錠となっており、次の服用には24時間以上あけておく必要があるのもレビトラと同じですのでこちらも気をつけましょう。

Comments are closed.